×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お風呂 ダイエット

お風呂でダイエット

お風呂ダイエットは続けていると痩せやすい体に体質改善ができるとされています。
太りにくい状態とは、新陳代謝が活発な体に余分な脂肪がたまりにくい体内環境のこと。

 

健康的に美しく痩せやすい体質になるためにはエネルギー燃焼を高める入浴法を試してみましょう。
どうすれば痩せやすい体質になるのでしょう?
それには褐色脂肪細胞を活性化させましょう!

 

「褐色脂肪細胞」とは体温をつかさどる細胞です。
褐色脂肪細胞は首の後ろ、方甲骨、わきの下、心臓の周辺、腎臓周辺に集中しています。

 

この細胞は冷えると体温を上げるために白色脂肪細胞(エネルギー源の中性脂肪)からエネルギーを受け取り、燃焼させて体温を上昇させる機能を持っています。

 

褐色脂肪細胞が活性化している人は食べても代謝がいいので太りにくくなりますのでダイエットでは褐色脂肪細胞は大切です。
お風呂で褐色脂肪細胞に刺激を与える方法があります。

 

やり方は細胞のある場所に冷たいシャワーを当てるだけです。
急激な温度変化は体にとって負担となりますので、心臓や腎臓の周りは避けて首の後ろや肩甲骨などに刺激を与えます。

 

慣れるまでは少し暖かめのシャワーから慣らしていきましょう。
40℃のお湯と20℃の冷たい水を交互に当てることで細胞に刺激を与えると効果的です。

 

お風呂ダイエットで基礎代謝をアップさせて、痩せやすい体に体質改善していきましょう。


MMF